Grooowのセキュリティ

TELEWORK SOLUTION CLOUD
テレワーク管理クラウドソリューションGrooow

Grooowのセキュリティ

専門家による運用と事故発生時の隔離・復元

近年、ランサムウェア等のサイバー攻撃は、高度化し完全な対策が難しくなって来ています。Grooowはサイバー攻撃の対象となる、OSやソフトウェアの脆弱性を管理し、必要なパッチの適用管理を実施します。
また、対策ソフトウェアを導入し、データの保護はもとより、万が一クライアントが感染した場合は、対象クライアントを隔離し、影響を最小限に留めることと、安全な状態への復元が可能です。

外部からの攻撃に対する防御

Grooowは、世界トップレベルのセキュリティ対策で守られているデーターセンター、MicrosoftのAzure上に構築します。これにより外部からの攻撃には、非常に高い防御が行われます。
加えて、ユーザー環境にはセキュリティゲートウェイを設置するほか、常に最新化をしてお客様の情報システムを守ります。

6重化による強力なデータ保護

Grooow(旧SP-クラウド)が存在するMicrosoftoのAzureは日本国内に2つのデーターセンターを持ち、そのデーターセンター間でファイルのレプリケーションが行われ、6重化されて管理されます。
ファイルサーバやアプリケーションサーバ以外にも通常のPCに保存されるメール等のユーザーデータまで6重化することができるため、ディスク故障等によってデータが無くなる危険性は極めて低いです。
また、Windowsの機能であるVSS(ヴォリューム・シャドー・コピー)の適用により、ユーザーが誤ってファイルを消してしまっても数日~数週間前のデータを復活させることが可能です。

内部不正対策

情報流出事件の原因は、会社内の人物による場合が多いことがわかっています。Grooowは、利用者の状況をリアルタイムに記録し、利用者の生産性向上に役立情報取得と対策提供を行いますが、同時に不正利用の情報も確実に残します。その事が抑止力となり、起こらなくて良い事故が未然に防ぐことに繋がります。また、ユーザー毎の適切なアクセス権を管理するアクティブディレクトリ(AD)は標準装備です。複雑なADの運用も専門家により確実にサポートされます。

情報流出の技術的な防止

近年、ランサムウェア等のサイバー攻撃は、高度化し完全な対策が難しくなって来ています。
当社はMicrosoftと密に情報を共有し、最新のソリューションを提供することで、Grooowはサイバー攻撃の対象となる、OSやソフトウェアの脆弱性を管理し、必要なパッチの適用管理を実施します。

Microsoft社クラウドプラットフォームで紹介されました。
» https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/casestudies/022detail.aspx

外部からの攻撃に対する防御

家に例えると、警備会社に契約し、門に鍵をかけ、監視カメラを設置して、ドアに鍵をかけて、
金庫にしまうくらいの何重ものセキュリティ対策を実施

Grooowは、世界トップレベルのセキュリティ対策で守られているデータセンター、MicrosoftのAzure上に構築します。これにより外部からの攻撃には、非常に高い防御が行われます。
加えて、ユーザー環境にはセキュリティゲートウェイを設置するほか、Grooow環境内のサーバーやクライアントは常に最新化をしてお客様の情報システムを守ります。

データ保護

Grooowが存在するMicrosoftのAzureは、日本国内に2つのデータセンターを持っており、そのデータセンター間でファイルのレプリケーションが行われ、6重化されて管理されます。
ファイルサーバやアプリケーションサーバ以外にも通常のPCに保存されるメール等のユーザーデータまで6重化する事が出来る為、ディスク故障等によってデータが無くなる危険性は、極めて低いです。
また、Windowsの機能であるVSS(ヴォリューム・シャドー・コピー)の適用により、ユーザーが誤ってファイルを消してしまっても数日~数週間前のデータを復活させることが可能です。