セキュリティ

SECURE PRIVATE CLOUD
SP-クラウド

高度なセキュリティ

機密情報を守りながら、いつでもどこでも仕事ができる環境を提供するため、Microsoft社Azure上に強固なセキュリティ環境を構築しています。

情報流出の技術的な防止

近年、ランサムウェア等のサイバー攻撃は、高度化し完全な対策が難しくなって来ています。
当社はMicrosoftと密に情報を共有し、最新のソリューションを提供することで、SP-クラウドはサイバー攻撃の対象となる、OSやソフトウェアの脆弱性を管理し、必要なパッチの適用管理を実施します。
また、対策ソフトウェアを導入し、プロテクションする事はもとより、仮にSPCクライアントが感染した場合は、対象クライアントを隔離し、影響を最小限に留める事と、安全な状態への復元が可能です。

Microsoft社クラウドプラットフォームで紹介されました。
» https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/casestudies/022detail.aspx

外部からの攻撃に対する防御

家に例えると、警備会社に契約し、門に鍵をかけ、監視カメラを設置して、ドアに鍵をかけて、
金庫にしまうくらいの何重ものセキュリティ対策を実施

SP-クラウドは、世界トップレベルのセキュリティ対策で守られているデータセンター、MicrosoftのAzure上に構築します。これにより外部からの攻撃には、非常に高い防御が行われます。
加えて、ユーザー環境にはセキュリティゲートウェイを設置するほか、SP-クラウド環境内のサーバーやクライアントには、ウィルスチェックソフトがインストールされ、常に最新化をしてお客様の情報システムを守ります。

データ保護

SP-クラウドが存在するMicrosoftのAzureは、日本国内に2つのデータセンターを持っており、そのデータセンター間でファイルのレプリケーションが行われ、6重化されて管理されます。
ファイルサーバやアプリケーションサーバ以外にも通常のPCに保存されるメール等のユーザーデータまで6重化する事が出来る為、ディスク故障等によってデータが無くなる危険性は、極めて低いです。
また、Windowsの機能であるVSS(ヴォリューム・シャドー・コピー)の適用により、ユーザーが誤ってファイルを消してしまっても数日~数週間前のデータを復活させることが可能です。